ソーシャルレンディングで資金調達する方法

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい企業と個人とお金を貸したい投資家をインターネット上で結び付けるサービスになります。従来は、お金を借りたい場合銀行から借りることが一般的でした。銀行から借りる場合、銀行はお金を預金者から預かりその資金で、お金を必要としている企業などにお金を貸し付けます。確かに銀行で借りる場合は資金調達はできるものの、結果的に高い利息を支払うことになります。
ですが、仲介業者が間に入って借り主と貸し主をつなぐ場合は、高い金利をとることはまずありません。銀行のような業者がいないため、お金を借りる方は返済するときの負担が少なくなり、一方お金を貸す側や事業者はそれなりに高い利益を求めることが可能になります。銀行の取引きに比べるとその仕組みがより簡略化してあるためこれを実現することができます。

個人向けの貸し付けを行っていない

これから資金調達の必要があり、ソーシャルレンディングを利用してみようと思う人が注意をしなければならないのは、現在日本では個人向けに貸し付けを行っていないことです。かつては個人向けに貸し付けを行っていましたが、個人の場合だと返済できず自己破産することが多々ありましたので、日本では企業に向けてしか貸し付けを行わないようにしています。
一方、事業主にだれもがなれるわけではありません。大きなお金を扱う以上は、しっかりとした資格が必要になります。国の資格である「金融商品取引業者」に登録している必要があります。これから業者を選ぶ時に本物かどうかを判断するためには、「金融商品取引業者」の資格があるかで決めるべきです。ホームページなどを見れば登録番号が記載されていますので確認をしておきましょう。

どのぐらいのお金を借りることができるか

これからソーシャルレンディングで資金調達をするためには、どれぐらいの金額を借りることができるかが問題になります。個人が借りるのではなく、法人が借りるのが原則ですので、それなりの大きな金額の貸し借りになるはずです。
もちろん、いくらでも借り入れをすることができるわけではありません。銀行や消費者金融などからお金を借りる場合のように一定基準の審査があるわけではなく、投資家によって基準が異なります。その投資家の基準が低く設定されていればお金を借りることは容易になります。
ただし、借り入れの基準が低く設定されていて高額なお金を借りることはまずできません。高額なおカネを借りるためには、多くのお金を投資している投資家からお金を借りることになりますが、その時の条件は通常よりも厳しいものになります。このように、借入金額は借り主の条件によって異なります。